バレたくない!こっそり美容整形するコツ

受けてもバレない整形手術とは?

近年、女性の美容上の意識は急激に高まり、それと同時に美容整形に対して興味を持つ女性も増えています。しかし整形をすることに抵抗がある女性もまた多いです。最も抵抗があるのは、やはり周囲に整形したことがばれてしまうことを恐れているからです。もし周囲に整形したことがバレないのなら整形手術を受けてみたいと思っている女性は非常に多いのです。
整形手術とは外見を良くするためのものです。他人と会った場合、どうしても手術した箇所を見られてしまうことが多いです。そのため、バレてしまう可能性は非常に高いといえます。バレたくない場合は、バレない程度の手術に留めておく必要があります。それでは、そのバレない手術とはどういうものなのでしょうか。

バレにくいのは埋没法による二重手術

美容手術の中で晴れにくいのは埋没法による二重手術です。埋没法はまぶたを切らずに細い特殊な糸でまぶたを縫い付ける手術法です。そのため、手術を受けた後、傷はほとんどありません。入院する必要もないため、気軽に受けられるのことも人気の理由の1つです。埋没法のメリットとしては、もし一重まぶたに戻したい時は糸を抜いてもらえば戻すことができます。
また手術費用もそれほど高くありません。埋没法は腫れにくい手術方法ですが、手術後の工夫によりさらに周囲にバレにくくすることができます。最も良いのはいくらバレにくいといっても、三日ほどは家でゆっくりと休むことです。その間はなるべくまぶたを触らないようにすると良いでしょう。清潔にする必要ありますが、あまり強く拭いたり、洗ったりしてはいけません。