パッチリ二重にしたい!どんな美容整形があるの?

1番簡単なふたえ埋没法

埋没法は手術時間が約10分で、メスを入れずに二重を作る、お手軽な二重手術です。二重手術の中でも1番リーズナブルな方法でもあります。
髪の毛より細い糸を使い、まぶたの裏を1点か2点固定するだけで二重が作れてしまいます。またまぶたを閉じても不自然な二重ラインが出ることがなく、ナチュラルな印象を与えてくれます。メスを使わない埋没法でも麻酔をしてくれるので、痛みの心配はありません。若干の腫れを感じることもありますが、1番術後の腫れが心配ない方法です。当日お風呂やシャワーをあびることも可能です。万が一術後の二重幅が気に入らなくても、固定してある糸を外してしまえばやり直しがきくのがこの手術法の特徴でもあります。

永久的なふたえ切開法

この方法の特徴は、まぶたの脂肪も切り取ることができることです。そのため、まぶたに脂肪が多い方やもともと一重だった方などに優れている手術法とも言えます。
手術時間は30分程度で、術後二重幅が戻ることは決してありません。まぶたの腫れのピークは1週間から2週間程度です。手術は麻酔をして行うため痛みの心配はありません。ただ、この手術法は術後1週間経ったときに抜糸を行います。そのため、通院が必要となります。抜糸後は今まで通りの生活をすることができますが、抜糸を行うまではお風呂やシャワー、洗顔方法などにいくつかの制限があります。ですが大変なことではないので、お医者さんに言われたことを守っていれば大丈夫です。