こんなのあるの?!最新の美容整形

パッチリ二重は切開せずにできる!

美容整形の定番といえば、目を大きくする目頭切開や埋没法です。これらは目と目の間を切除して縫い付け、目と目の距離を狭くしたり、瞼の裏に糸を入れて引っ張って二重にするなど、術後の傷が完全に残らないわけではないというリスクもあります。
そこで、切らずに美容整形できる方法が“タッキング”という手術です。通常の手術は瞼の筋肉を短くするのですが、タッキングという方法では筋肉を折りたたんで、糸でとめるようにするので、筋肉を切ることはありません。もちろん全く痛みがない、という訳ではありませんが、手術後に腫れが出ることが殆どないことや、二重の幅が気に入らなかったときにすぐ元に戻せるなど、メリットが大きいです。手術の時間も短縮でき、“切らない”ことが、手を出しづらい目の美容整形の印象を変えてくれます。

スッと通った鼻も切開せずにget!

鼻筋が通った顔立ちに憧れる人は多いと思います。一般的に、鼻の美容整形では“プロテーゼ”というシリコンを埋め込んで鼻を高くする方法がありますが、こちらは医療用の固形の人工軟骨を切って埋めるので、メスを使うことになります。
鼻の美容整形でも、切開することなく手術を行うことが出来るのが“アクアミド”を用いる方法です。人体にアレルギーを起こさない、液体のプロテーゼを注入することによって、切開することもなく、手術の当日に顔を洗ったり化粧をしたりもできます。また、高くしたいところのみ部分的に注入することもできます。他にも、ヒアルロン酸を注入して自然吸収させることによって、同じく切開せずに高さを出す方法もあります。傷が残りにくいとバレにくくもなりますし、ご自身の安心できる方法を見つけて試してみてはいかかでしょうか。